幼馴染JKレイプ~濡れた彼女を犯した夏の思い出~を回想

真帆と健司、聡史の参人は何時も一緒の高校生。参人は小さい時から田舎で育ってきて、最早幼馴染みというより家族のような関係。
そんな三人が迎えた今年の夏。それはいつもと同じ筈で、でも、三人が笑って過ごせる最後の夏になってしまう。
――そう、あれは三人が何時もの様に、夏休みで閉っている学校のプールに忍び込み、水を掛け合って遊んでいた時の事だった。
「うひゃあっ、ははっ、やりやがったなぁ。真帆!健司!」
「あははっ、健司どんくさーい!もうビショビショじゃん!」
無邪気に笑い合う三人。しばらく遊んだ後、びしょ濡れの服を乾かす為に更衣室で一休みをすることに。
だが、男二人は気付いてしまう。濡れた真帆の制服の下にクッキリと浮かび上がるブラジャーに。
「あれ……真帆って、こんな可愛かったっけ?」
長年一緒に居たのに気付かなかった真帆の色気、可愛さ。欲情した男二人は彼女をレ○プすることに決める。
マッサージをしようと申し出て、彼女の華奢な肉体を触り、弄り、堪能していく。
キモチいいといってくれる真帆。
だが、そんな彼女にとうとう我慢出来なくなり、二人は彼女を強引に押さえつけ、犯してしまう。
岐阜県 浮気調査 探偵