呪怨を見てみました

1999年、清水崇による監督・脚本のホラー映画。

この世に強い未練を抱き死んだ女性佐伯伽椰子。彼女の呪いは強い怨念となり、
彼女が生前居た家に宿る事に。

主人公は女子高生を始めとし、様々な人物で次々と伽椰子の犠牲になっていく
という。個人的にホラー映画で非常に珍しい構成であったと思います。

これ以来、これ以後、こういった形式の作品が無いのが残念ですね。和製ホラー
の特徴と云えば、主人公がパッとしないことが挙げられると思います。ならば
13金などのように次々と被害に遭っていく様を描き、主人公を複数用意した方が
面白いと感じますね。

何にせよ、本作が『リング』と同様、和製ホラーでは歴史に残る作品と云えます。
本作を原点とし、続編や海外でのリメイクにつながったわけですから。

清水崇監督の名を高めたのも本作が一因ですね。近年はやや名作に欠いてはおりますが
『戦慄迷宮』など未だに恐怖描写の演出ではずば抜けた才を持つ方だと思います。

話を本作に戻しますが、『呪怨』というと白塗りの少年に伽椰子が印象的ですね。
伽椰子が階段をカタカタ音を鳴らしながら降りる場面。
『エクソシスト』の名場面を彷彿させる名場面ですよね。未だに忘れられないです。

個人的には続編などは気にせず、ぜひ観てほしい一本です。
さいたま市 闇金 相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>