テラフォーマーズ

「国中かぁ……ん?アキ、何してんだ。お前もここ来て食えよ」
「必須面倒!!!!蛾でしょ!?食えるかっ」
――アキは拒んだが、昆虫は栄養価が厳しく、たんぱく質や淡水化パイを数多く含み、牛や豚と較べても一際遜色はない。別にカイコは優秀な宇宙食として知られている。
時は西暦2599時世。火星の地球化務めは終幕を迎えてあり、火星は一面の緑と陥る。
「まー、でも正確には緑と黒だよね」
「や……さすがいるのかな」
「だろうね」
アキが淡々とつぶやく。はぁと溜め息を明かす私。
「必須無理だわぁ……」
私・小町小吉(こまちしょうきち)は私を含め、15人の仲間とともにいらっしゃる業務を帯びて、火星へと宇宙船で向かっていた。
先ほどの内容に戻る。アキの言った緑とは「苔」の項目です。で、「黒」とは「ゴキブリ」の項目です。これらを火星に大量に放ち、口票を黒く染め上げる事で陽光を吸収し、火星を暖め、何れは我々が住めるように修正する。
それが「テラフォーミング務め」の現実であった。
だが私はゴキブリが嫌いです。おそらく好きな人物なんていないだろう。
しかし、そんな事よりも私等の使命は別途居残る。
「おぉ……着いたか」
ついに火星にゴール。もうすぐ私陣はそのゴキブリを駆除しなければならない。
が、この時の私はいまだに知らない。奴らが、ゴキブリが遥かに進化したアニマルへと豹変し、私等の戦闘力を凌駕する脅威となっていることを。
誌作品は非常に高い人気を誇るSF作品だ。
まず今日ミッドナイト帯ですがアニメ化されており、評価に拍車をかけた事も有名ですね。
では誌作品、どういった内容なのか。進化した人VS進化した昆虫……もといゴキブリという内容でしょうか。
近行く末、火星を地球と同じように済める惑星にすべく、苔とゴキブリを大量に放った人。無事に散布し、火星を温める項目にはエライものの、いざ駆除へと向かった15人の仲間が遭遇したのは――未知の生物。いや、高度な進化を遂げ、屈強な組み合わせへ変貌したゴキブリだった!彼等の戦闘器量は恐るべきもので、高度な手法を携えた仲間もずっと……。
という流れですね。非常に可笑しい。SFアクション製品ですね。
洋画などだと割と似た様な内容は見ますが、誌作品の場合は日本の漫画ですからね。僅か類似した作品は他に思い浮かびません。
そして図版が嬉しい。それほど婦人よりも男子ですね。ホリが濃い顔立ちをしており、頑強、精悍といった感じを受け、非常にクールだ。そしてお化け青写真。進化したゴキブリたちの組み合わせも必見。
やむを得ず、正邪一度、試料を読んでみてください!後悔しない出来だ!
長崎県の不倫相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>